【主権者教育】事前学習③私の「モノサシ」を共有しよう!

早稲田大学マニフェスト研究所と共同開発した教材を活用し、10月31日投開票の第49回衆議院議員総選挙を題材とした「模擬選挙」を実施しました。模擬投票までの道のりの中で、事前学習を3回に分けて実施し、今回はその内の第3回目を紹介します。第3回目のテーマは私の「モノサシ」を共有しようです。第2回事前学習でのマニフェスト分析に活用している「モノサシ」について、全体で共有しました。同じ候補者を調べていても「モノサシ」によって分析結果が違って見える、「モノサシ」の扱いやすさなど、様々な発見の連続で、生徒からは驚きの連続!次回の模擬投票に向けて、参考となるモノサシや分析結果が見つかったかと思います。
以下、第3回目の事前学習を終えた生徒の声です。Q.各グループに与えられた「モノサシ」を活用してマニフェスト分析をおこなった感想を教えてください。 ◎自分に合う「モノサシ」、自分が特に関心のある政策が見えてきて、マニフェストを分析することに楽しさを感じるようになりました。
Q.次回の模擬投票に向けての意気込みをどうぞ! ◎これまでの事前学習を通して、政治に興味を持つようになりました。早く投票したいです! ◎本物の選挙ではないが、1票に自分の思いを乗せて、心を込めて投票したいです!
模擬投票ではそれぞれがどのような気持ちで投票するのか楽しみです。

全体共有に向けての最終確認です
各グループで活用した「モノサシ」を全体で共有しました
高校生の関心のある政策も様々です
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次