【学習】ピアアシスタントという授業についてご紹介します!

クラーク天王寺校には、コース授業以外にも、他校にはない特長的な授業があります。
その一つが1年生が必修で学んでいる『ピアアシスタント』です。今回は、『ピアアシスタント』とはどういう授業なのかご紹介します。

ピアアシスタントとは、ピア=仲間、アシスタント=理解者・支援者という意味で、同じ経験を持った人たちが、同じ問題で悩む人たちにアドバイスをしていこうというものです。

『ピアアシスタント』は、内閣府認可・公益財団法人「こども教育支援財団」と連携し、生徒たちにコミュニケーション力を高めるために導入している授業です。
中高生の80%が悩みなどの相談を友達や仲間にするというデータがあり、一方で中高生の90%が友達や仲間の力になりたいと思っているというデータもあります。そこでクラーク天王寺校では生徒たちが上手に相談に乗れる力を育てられれば、落ち着いて学校生活を送れるのではないか、と考え『ピアアシスタント』を導入しています。
『ピアアシスタント』の授業では自己分析・他者理解・コミュニケーションの取り方・上手な話の聞き方と話し方などのスキルなどを身につけていきます。心理学の分野の学習も行い、最終的には公益財団法人の資格が取れるようになります。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる