– eスポーツコース –

最先端の環境プレー技術を磨き、
eスポーツ大会の企画・運営も学ぶ

– eスポーツコース –

最先端の環境プレー技術を磨き、
eスポーツ大会の企画・運営も学ぶ

eスポーツコースについて

2019年に国民体育大会の文化プログラムに採用されるなど、“未来のスポーツ”として各方面から注目されているeスポーツ。eスポーツコースではプロ講師の指導のもとプレー技術の向上を目指すとともに、大会の企画・運営等を学び、大会の開催等にも取り組みます。

めざす進路

4年制大学/海外大学 など

POINT.1

eスポーツに特化した最先端の環境

最新のゲーミングパソコン、PS4、ゲーミングチェア、大型スクリーン等を設置した専用のeSportsルームで授業を展開。連携校である全国のクラーク記念国際高校のキャンパスともオンラインで対戦する環境があります。

POINT.2

プロプレイヤーがプレー技術を指導

授業ではプロコーチのもと、世界で最も競技者が多いとされる「リーグ・オブ・レジェンド」を教材に競技練習をします。ゲーミングスキルを磨くことはもちろん、チームでの学びを通じ、思考力や課題解決力などを養います。

POINT.3

生徒自らeスポーツ大会の企画・運営も!

eスポーツコースでのプロジェクト授業の目玉のひとつとなるが、生徒自らで行うeスポーツ大会の企画・運営。授業を通じたeスポーツ大会企画・会場運営等の学びを活かし大会の企画や運営、実施までを目指します。

Challenge!

日本最大の高校eスポーツの祭典に挑戦!
エスケールメリットと最先端の環境で頂点を目指す

高校生eスポーツプレイヤーの頂点を決める大会「STAGE:0(ステージゼロ)」。昨年の第2回大会では、全国1,779校、2,158チーム、5,555名の高校生が参加。日本最大の高校eスポーツの祭典に挑みます。連携校のクラーク記念国際高等学校は2年連続で全国準優勝に輝いており、全国レベルの強豪校と充実したオンライン環境で対戦できる体制も整っています。

高校生eスポーツプレイヤーの頂点を決める大会「STAGE:0(ステージゼロ)」
高校生eスポーツプレイヤーの頂点を決める大会
「STAGE:0(ステージゼロ)」

目標とする大会・コンテストの一例
STAGE0/全国高校eスポーツ選手権/国体文化プログラム/esports Biz Contest ほか

Student Voice

eスポーツを通して
コミュニケーション力と主体性が向上

eスポーツコース 1年 塚本 結楽 さん 
羽曳野市立誉田中学校 出身
eスポーツコース 時間割
eスポーツコース 時間割

コースを選んだ
理由は?

ゆくゆくはゲーム関係の業界に進みたいと考えており、自身の将来のためにはコースが自分に合っていると感じたので選びました。

おすすめの
授業は?

まずは自身のプレー技術をあげたいと思っているので、実践的に学ぶことのできるeスポーツ実践に意欲的に取り組んでいます。

成長したと
感じる事は?

コミュニケーションを取ることが得意ではなかったのですが、自分から積極的に話しかけることができるようになりました!

eスポーツコースのニュース

コース長メッセージ

eスポーツコースでは、最新鋭の環境が揃う中で、専門の講師の方に来て頂き実践的な授業を受けることができます!

e-スポーツを通じて、社会で活躍できるようなスキルを身に付けるように日々学んでいます。ゲームとしてではなく、スポーツとして学びの科目の一つとして、とことん学んでみませんか?私たちとe-スポーツを通じて世界へ羽ばたきましょう!

山本 梨沙
eスポーツコース コース長