卒業生のメッセージ

クラーク天王寺校で開花した才能を活かし、新しい未来を切り拓く!

時間を上手に使い
進路を実現する

台湾国立成功大学
賴 詠恩さん[2019年卒業]

勉学の努力は必要ですが、学校行事や友人との時間も大切なので、短時間でも効率よく学習することが進路実現の秘訣だと思います。大学では、日本語はもちろん、英語を軸にドイツ語などの語学を学びます。将来は日本に帰国し、様々な言語を使って日本語を教えられる日本語教師になることが夢です。

驚きに満ちた留学経験が、
自身が歩む道の礎に

京都外国語大学
大植 智沙さん[2020年卒業]

オーストラリア留学、生徒会など、通常の授業外でも色々なことに挑戦できた3年間。先生方が一人ひとりの個性を認めて背中を押してくれるので、『自分にできるかな?』と思えることにも一歩踏み出してチャレンジできました。自身にとっては留学の経験が非常に大きく、海外で多様性に触れ、異文化を体感したことが、外国語大学に進学するきっかけになりました。

学ぶことの楽しさを、
今度は自分が伝えたい

京都女子大学
米谷 朱加さん[2020年卒業]

人見知りだった自分が今、教員を目指しているのは、3年間の学びがあったからこそだと感じています。クラークではどの教科の授業も理解しやすいように先生が解説してくれるので、次第に成績が向上。さらに上を目指すという良いサイクルができたと思います。自身同様、学校に行くことを楽しみにする子どもが増えるよう、指導力・人間力のある教員を目指したいです。

多様な人との出会いが
私を成長させた

奈良大学
坂本 歩果さん[2019年卒業]

学校を卒業後すぐに社会に出るのは学力面で不安があったため、早期から大学進学を考えていました。以前から歴史の本や小説を読むことが好きだったため、現在の大学の国文学科を選びました。クラーク天王寺校では多くの人に出会い、自分が成長できたので、将来は人と関わる仕事に就きたいと思っています。

挫折の経験も
今の自分をつくっている

帝塚山学院大学
加藤 杏実さん[2019年卒業]

振り返ると進学を考え始めたのは3年生になってからで、そこから必死で勉学に励みました。合格までの道のりで少し挫折も経験しましたが、自分を成長させる機会にもなったと今では感じます。大学では興味のあるサウンド表現を中心に学ぶ予定で、将来は自分が好きな音楽に携わる仕事をしたいと思っています。