卒業生のメッセージ

クラーク大阪梅田校で開花した才能を活かし、新しい未来を切り拓く!

様々な経験が今の
自分のベースを築いた

卒業生のメッセージ①

大阪大学
橋本 陵央さん[2016年卒業]

クラークは、主体的な活動を言葉にして評価してもらえる機会が多く、実行力のある人間になれたと感じます。自発的な行動は特に尊重して背中を押してくれます。受験勉強では、たくさんサポートをしてもらい、前だけ向いて勉強を進めることができました。大学で自分が1つのものを突き詰めることが好きであることに気づいたため、大学院に進み、将来は研究者になろうと考えています。

個性の追求に
大きく背中を押してくれた

卒業生のメッセージ②

University of the Arts London
(ロンドン芸術大学)
松本 美優さん[2018年卒業]

英語を学ぶのではなく“英語で”新しい何かを学ぶことはとても実践的で、学び自体の楽しさをクラークで知りました。また、自分らしさを貫く勇気を持つことができ、先生たちの精神的サポートは、自分が日本人らしい固定概念に囚われていることに気付くきっかけを多く与えてくれました。もし私が高校卒業時に日本に居続けることを決めていたら、自分の意志や、考えを持つことへの追求をしていなかっただろうと感じます。

クラークで身につけた
考える力が大きな武器に

卒業生のメッセージ③

関西学院大学
岸上 楓和さん[2019年卒業]

もともと英語が好きで、『英語力を高めたい!』という想いからインターナショナルコースに入学しました。充実した英語授業で英語力が身についたのはもちろん、プロジェクト授業で情報収集をしたり、リサーチ活動を行うなかで、“考える力”が身についたことが自分にとって大きな武器になりました。将来は国際社会で役立てる人間になれるよう、今、大学で途上国の経済問題について学んでいます。

継続して学ぶことの
大切さを知った三年間

卒業生のメッセージ④

関西大学
池崎 千優さん[2019年卒業]

自身の将来の道を考えるうえで、色々なことに挑戦してみたいと考え、多彩な分野に触れることのできる総合進学コースを選びました。クラークで勉強に取り組む中で、次第に『社会で役に立ちたい』という気持ちを抱くようになり、4年制大学の法学部への進学を決意。目標ができてからは受験に必要な力を身につけるためにしっかりと日々の授業を受け、苦手だった英語も克服できました。

自分から行動を起こせば
世界は変わる

卒業生のメッセージ⑤

関西学院大学
中山 温翔さん[2018年卒業]

留学の経験は非常に大きく、英語力はもちろん異文化に対する理解も深まりました。クラーク国際では、目標を持てる環境が整っており、主体的に行動できるようになりました。受験対策でも、自分から積極的に先生にアプローチすることで、先生も全力でサポートしてくれました。将来の目標は、人を笑顔にする仕事を自ら作り出すことです。常に色々なことに興味を持って、挑戦し続けたいと思います。