【主権者教育】~事後学習~選挙結果の分析をおこないました!

早稲田大学マニフェスト研究所と共同開発した教材を活用し、7月10日投開票の第26回参議院議員通常選挙の大阪選挙区を題材とした主権者教育を約2週間にわたって実施してきました。事前学習では立候補者や政党、政策などの情報を収集し、学年全体で共有した情報をもとに模擬投票をおこないました。そして今回は第26回参議院議員通常選挙の大阪選挙区の結果と模擬投票の結果を比較し、今回の選挙の分析をおこないました。

事前学習で選挙に興味を持った生徒が増えたようで、学年の半数以上が選挙に関する情報を自ら収集してくるなど、事後学習の準備はバッチリ!わくわくしながら模擬投票の結果発表に臨みました。

自分が1票を投じた候補者の当選を喜んでいる生徒、本物の選挙結果と模擬選挙結果の違いに驚く生徒、終始盛り上がりのある事後学習でした。

最後は学年全体で選挙の結果分析やこれまでの主権者教育の感想を共有し合い、若い世代の方が政治に関心を持つことの大切さを学ぶことができました。

大阪梅田校では今後も主権者教育を通して若者が政治に関心を持つような工夫をおこなっていきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる