– インターナショナルコース –

身につけた英語が一生の武器になる!
週20時間の英語授業で真の国際人に

– インターナショナルコース –

身につけた英語が一生の武器になる!
週20時間の英語授業で真の国際人に

インターナショナルコースについて

インターナショナルコースの特徴は、英語力を伸ばすに留まらず、英語というツールを使って異文化理解を深めたり、コミュニケーション力を高めるなど、英語を伸ばした次のステップまでも視野に入れていること。まずは確かな英語力を身につけ、未来への選択肢を拡げます。

めざす進路

国際系大学/4年制大学/海外大学 など

POINT.1

週20時間以上の実践的な英語授業

英語で毎日を過ごすと言えるほど、日常的に英語を使う本コース。平均的な全日制高校の週6時間に対し、週20時間の英語授業が組まれています。掲示物も全て英語という、気づけば英語力が身につく環境です。

週20時間以上の実践的な英語授業

POINT.2

ネイティブが担任、学内が“異文化交流の場”

アメリカ、イギリス、オーストラリアなど、各国出身のネイティブ教員と、日本人教員のダブル担任制を導入。多様な国籍の教員が常駐しているため、学内がまさに“異文化交流の場”となっていることが大きな特徴です。

ネイティブが担任、学内が“異文化交流の場”

POINT.3

細やかな目標設定でTOEIC平均331点アップ

英語授業は5段階に分けた習熟度別で、レベルがあがるとWriting・Reading・Speaking・Listeningの4技能すべてを目標設定しながら学習。一人ひとりの“今”に合わせた学びで、大きく英語力を伸ばすことができます。

細やかな目標設定でTOEIC平均331点アップ

Challenge!

44%の生徒が英検準一級以上に合格!
スピーチコンテストなどで多数受賞も

英検対策授業やTOEIC講座など、英語関連の資格・検定に向けた学びも充実。多くの生徒が高スコアを目指してチャレンジし、進路の選択肢を拡げています。また、英語のスピーチコンテストや大会等に参加できる機会も数多くあり、高い成果をあげています。

スピーチコンテストなどで多数受賞
44%の生徒が英検準一級以上に合格!
スピーチコンテストなどで多数受賞

目標とする大会・コンテスト・プログラムの一例
スタンフォード大学選抜プログラム/英語パフォーマンス甲子園/IIBCエッセイコンテスト/IPUスピーチコンテスト/Change Maker Award ほか

Student Voice

英語で演じる「ドラマ」の授業など
ユニークで面白い授業が満載です!

インターナショナルコース 3年
インターナショナルコース 3年 後藤 華織 さん
大阪市立佃中学校 出身 
インターナショナルコース 時間割
インターナショナルコース 時間割

コースを選んだ
理由は?

『英語でコミュニケーションできるようになりたい!』と思っていたため、ネイティブの先生が沢山いる環境に魅力を感じ、選びました。

おすすめの
授業は?

「ドラマ」を通して学ぶ授業です。英語のセリフを流暢に使うことが面白くて、普段は使わないような表現も覚えることが出来てとても楽しいです。

成長したと
感じる事は?

ネイティブの先生と話したり、英語授業を受けている中で、英語力はもちろん、色々な面で自分でも驚くくらいに成長できたと感じています。

インターナショナルコースのニュース

コース長メッセージ

ネイティブ教員に教わる!
オールイングリッシュの授業で英語力を磨きます

「英語」という言語を通して、国際的感覚や異文化理解を深め、国内外で活躍できる生徒を育成します。ネイティブ教員を中心としたオールイングリッシュの授業で英語力を磨き、スピーチコンテストやディベート大会など、対外的な場でも活躍することが可能です。

インターナショナルコース ネイティブ教員

Scott Johnstone
インターナショナルコース ネイティブ教員